ご注文いただきますと

までに当店を出荷

ログイン
マイページ

商品カテゴリ一覧 > 極み茶 > 手摘み茶 本山桃源 30g (品種名:摩利支)




手摘み茶 本山桃源 30g (品種名:摩利支)
手摘み茶 本山桃源 30g (品種名:摩利支)
手摘み茶 本山桃源 30g (品種名:摩利支)

希少品種茶「摩利支(まりし)」
テレビで話題
手摘み茶 本山桃源 30g (品種名:摩利支)

  • 3袋までネコポスOK

商品番号 25303

販売価格1,836円(本体価格:1,700円)

[17ポイント進呈 ]

お茶の発送について
数量

商品についてのお問い合わせ
お気に入りに登録 お気に入りに登録済み
レビューを書く
名称普通蒸し煎茶
商品説明力強い自然仕立て手摘み茶。
今年は、四月前半の更に希少なお茶です。
品種はあの幻と言われる「摩利支」。「摩利支」は、品種開発者 山森 美好氏の遺作で、年間の生産量もわずか。
クロロフィルが多く葉の外観は深い緑色。
旨味成分も多く、甘くコクがあり、渋味が少ないのが特徴。
水色は普通蒸し煎茶ならではの金色透明。
旨味を舌に感じる深い味わいです。
最後の一滴を絞った後の、わずかに沈んだ澱(おり)の緑で、「摩利支」本来の特徴をお楽しみ下さい。



■「摩利支」とは
静岡茶の救世主という秀でた品種の特徴を表して「摩利支天」から名付けられた。
品種の特徴としては、「やえほ」の自然交雑実生の中から選抜、育成され、育成地(静岡市)の萌芽期及び摘採期は極早生の煎茶用品種。化学成分の全窒素及びアミノ酸が多い。

山森氏の死去によりその生産が途絶えていたが、2013年頃より復活。まだ生産量が少ないため、安定した品質が得られないのが難点。その年により、品質の差が大きい。

山森氏の製法は「深蒸し製法」であり、水色は、JAハイナンが推奨する、被せ茶の「望」のような鮮やかで濃い緑色で、味も生茶のような味であったが、和茶倶楽部では、普通蒸し製法で上品に仕上げた。

JA静岡にて2015年発売の「MARICIA〜マリシア〜」とは、同じ品種ながら、製法の違いにより、全く違う味わいとなっている。
原材料名 茶(静岡)
内容量 30g袋
賞味期限 製造年月日より6ケ月
取扱上の注意 開封後は密閉容器に入れ、高温多湿を避けて下さい。
また移り香に注意して早目にお飲み下さい。
淹れ方 ・茶葉の量:4g
・湯の温度:45℃程度
・湯の量:50cc
・浸出時間:70秒程度
・おすすめ茶器:絞り出しの茶器またはガラスの蓋碗