緑茶の本場静岡よりお取り寄せ 日本茶専門ネット通販・販売サイト和茶倶楽部|お祝い専門茶ブランド(HARENOHI)

商品カテゴリ一覧 > ハレノヒ > 商品一覧 > 用途でさがす > 季節のイベント > 母の日限定 > 母の日限定・ティーバッグ3種セット【ありがとう】送料込





【母の日限定】ギフトセット:母の日限定・ティーバッグ3種セット【ありがとう】送料込

おすすめ

商品番号 h40033

【母の日限定】

【母の日限定】ティーバッグ3種セット【ありがとう】送料込

販売価格2,908円(本体価格:2,693円)

[27ポイント進呈 ]

[ 送料込 ]

のし
のし名前
手提袋
手提袋枚数
メッセージカード
メッセージ内容
風呂敷包み
備考
数量

商品についてのお問い合わせ
お気に入りに登録 お気に入りに登録済み
レビューを書く
アイテムイメージ
拡大 Prev Next

アイテムイメージ

アイテムイメージアイテムイメージアイテムイメージアイテムイメージアイテムイメージアイテムイメージアイテムイメージアイテムイメージアイテムイメージアイテムイメージアイテムイメージアイテムイメージアイテムイメージアイテムイメージアイテムイメージアイテムイメージアイテムイメージ

メッセージで想いを伝えるティーバッグギフト【HARENOHI(ハレノヒ)】に、季節限定・母の日ギフトセット登場!
ティーバッグそのものに文字が踊る「メッセージティーバッグ」、縁起の良いオリジナルタグが嬉しい「吉祥ティーバッグ」。気持ちやシーンを日本茶で盛り上げようと、いずれの商品も工夫をたくさん詰め込んでいます。
当社日本茶鑑定士が種別に産地も選り抜いて厳選した茶葉は、もちろん味も本格派。
今年の母の日は、特別ブレンド「たしなみのアールグレイ和紅茶」と「おもむきのサンルージュ檸檬」を添えた、ティーバッグ・アソートセットをどうぞ。お母さんにとっても、きっと「忘れられない一杯」を味わえるはず。

■【セット内容】
   ・たしなみのアールグレイ和紅茶(3g×3袋)×1
   ・おもむきのサンルージュ檸檬(4g×3袋)×1
   ・ありがとうの深蒸し煎茶(金粉付/3g)×1

■【外装サイズ】 157x330x40mm

内容量 3g×1箱、3g×3×1箱、4g×3×1箱 名称 深蒸し煎茶、フレーバードティー 賞味期限 【アールグレイ和紅茶】【深蒸し煎茶】製造年月日から約1年
【サンルージュ檸檬】製造年月日から約6ヶ月
産地 【アールグレイ和紅茶】和紅茶:静岡県、ローズレッドペタル:モロッコ、ローズピンクペタル:パキスタン
【サンルージュ檸檬】緑茶:鹿児島県、レモン皮:広島県
【深蒸し煎茶】静岡県
原材料 緑茶、紅茶、ローズレッドペタル、ローズピンクペタル、アラザン(砂糖、コーンスターチ、光沢剤、着色料<銀箔、赤3>、水飴、ゼラチン)、香料、レモンピール(レモン皮、グラニュー糖、還元水飴、ビタミンC)、酢酸

メッセージティーバッグとは

吉祥ティーバッグとは

HARENOHIのアールグレイ和紅茶&サンルージュ檸檬

いつも忙しいお母さんに、特別ブレンドティーで、ゆったり贅沢な時間と空間を。女性に嬉しい効能や、目で見ても楽しめる華やかさを意識した、珠玉の2種のお茶をどうぞ。

≪アールグレイ和紅茶≫
静岡のやぶきた品種で作られた「国産紅茶」は、外国産に比べ癖・渋みが少なく、優しくまろやか。日本人好みの雑味なく澄んだ味わい。 この和紅茶をベースに、柑橘系のベルガモットの香りを付け、芳醇なアールグレイに仕上げました。
ベルガモットの香りは鎮静と高揚、両面での心理効果を補うとも言われ愛されています。
温かなミルクティーにしても、フルーツを浮かべたアイスティーにしても、香りが引き立ち相性抜群。
ローズレッドとローズピンクの花びらを加え、見た目と余韻に華やかさ・優雅さを演出しました。

≪サンルージュ檸檬≫
希少な新品種茶「サンルージュ」。緑ではなく赤い新芽を持つ不思議な特性は、眼精疲労・抗酸化作用などが期待される「アントシアニン」を豊富に含んでいることに由来します。
淹れた水色は少しくすんだ緑色、そこにレモンや酢などの酸を加えると、「アントシアニン」が反応し、たちまち可愛いピンク色に。
今回は、釜炒り製法の「サンルージュ」に瀬戸内産レモンピールをブレンドし、レモンベースの爽やかなテイストに仕上げています。 緑茶なのに、可愛らしいピンクティー。
味と効能、そしてその色合いに癒されると、女性たちからい支持をいただいています。

ティーバッグの美味しい淹れ方

1 お湯の温度に気を配る…

緑茶ベースのお茶は、熱湯ではなく80℃くらいの湯を使うと甘味が出ます。沸騰したての100℃のお湯は、1度別のカップに移す(10℃ほど温度が下がります)など湯冷ましすると良いでしょう。(※焙じ茶・番茶・玄米茶の場合は熱湯で淹れ、香りを引き立てます。)

2お湯は静かに注ぐ…

ティーバッグに直接お湯をかけず、カップの端から静かにお湯を注ぎます。

3スプーンでティーバッグをつぶさない…

茶葉をつぶすと濃くは出ますが、余計な苦味や雑味が出てしまいます。上下にゆっくりティーバッグを動かす程度なら大丈夫です。

4適度な濃さになったらティーバッグを取り出す…

お湯を入れて20〜30秒待ち、お好みの濃さになったらティーバッグを取り出します。ティーバッグを入れたままにすると、苦味が出てしまいます。